狩るもの狩られるもの『ハンターズエッジ』 : アクナキ~同人声優・フリー声優リンク館~

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩るもの狩られるもの『ハンターズエッジ』

kage

2012/06/14 (Thu)

今回レビューするのは StudioSさんのハンターズエッジ


剣と盾を構え、勇ましく戦う女剣士セリアのアクションゲームです。
設定は世界を支配しようとしている悪を倒せという王道モノ。


狭いフィールドで次々に現れるモンスターを倒していくと
同フィールドにボスが現れ、それを倒せばステージクリアという流れ。
感覚的にはファイナルファイト。今風に言えばアラド戦記。
どっちもしらない?んなこと知らんがな。


フィールド移動がないので、ステージを移動しているという感覚がなく、
少し寂しい感じもするが、まぁサクサクステージが進むという意味では
いいのかもしれない。


アクションの動きは実に格好良い!!
ヌルヌル動くし、挙動がイケてる!!
残像も出てるし、ただの人間ではないのは一目瞭然だろう。


戦闘は攻撃ボタンを適当に連打しているだけでも勝てるが、
一度、敵につかまってしまうと、抜け出すのがなかなか大変。
もしそのままHPがなくなってしまうと……アッー!!!
実に悲惨な最期が待ち受けているので注意しよう。
納得のグロマーク。


敵に倒されてもHCGとかはないので、
捕獲されてのアンアンプレイのみだ。
正直、リョナゲーが琴線に触れない身としては、なかなか評価しづらい。
ただ、アクションゲーとしての魅力は十分要しているようなので、
アクションゲームとして遊ぶ分には申し分ないだろう。


製品版には
モンスターにレイプされる、触手で責められる等のエロ技から、
鯖折りで真っ二つ、巨根で子宮貫通、粘液で白骨化等のグロ技まで多数のやられパターンを用意。
と、リョナ要素はたっぷり。


さらに、
モンスターを使って自由にヒロインを責めるモードもあるらしく、
これは非常に気になるところだ。
いわゆる、CGモードみたいなものだろうか??


体験版は1ステージ遊べるので、
動作確認と、操作感をぜひ確かめてほしい。
ステージ1を3回ループするころには、ほしくなっていること請け合いだ。


体験版はこちら



HPはこちら
http://studios.kir.jp/
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。