バスターを受け継ぎし少女『Kurovadis』+攻略情報 : アクナキ~同人声優・フリー声優リンク館~

バスターを受け継ぎし少女『Kurovadis』+攻略情報

kage

2012/04/06 (Fri)

今回の体験版レビューは Kyrieruさんの『Kurovadis』になります。
製品版の攻略情報に関しては、ページ一番下の【追記】からご覧ください。
また、完全にネタバレになりますのでご注意ください。



本作は横スクロール2Dアクションゲームになります。
ロックバスターがあったり、壁ジャンプがあったりと、ロックマンと非常に似た作りになっていますが、殴り攻撃があったり、ローリングがあったり、特殊性が際立ちます。
(出だしのロックマンさ加減には少し笑いましたがw)



攻撃方法は、二つ。
ロックバスター!()打たないでいるとゲージがたまり大きなバスターが打てます。
ロックマンと違い、溜める動作は必要ありません。
ステータスを見る限り、最大4種類あり、主にステージを攻略する上で必要になるものだと思います。


そして、注目すべきは、殴り攻撃多種多様な攻撃方法を有しています。
バスターより攻撃力は高いもののこんなのどこで使うんだ?
と思うような技が多いので面白いですね。
殴り攻撃ボタンを押しっぱなしにすると、力が溜まっていくエフェクトが入り、
溜まったところで話すと強攻撃が繰り出せます。


まぁ、結論としては、魅せプレイとか縛りプレイに使ってくださいということですね!
ストリートファイターのマコトが使う颪(おろし)みたいな技、カッコいいッス。オス!


舞台は未来。
モンスターと世界戦争が行われているということで、
プレイヤーの女の子は、誰に言われるわけでもなく、その戦争を止めなくてはいけないらしい。



というふうに説明は恐ろしいほどザックリ。
さらに、本編では一切の説明がなく、女の子のほかに登場人物がいないですし、
バックグラウンドもないので、もはや意味不明
どう見ても既に世界は滅んでますがな。


ただステージが用意されていて、敵がいてボスがいるから、
この力をもって
全てを焼き野原にするのさ。という気分。
昔のファミコンゲームみたい。それが、悪いとは思わないが、ゲームクリア時の達成感はなさそうだなぁ。


操作感はロックマンなので、やったことがあるなら操作に慣れるまでは早いと思います。
敵を倒すと経験値が入り、LVがあがります。
LVがあがるとステータスポイントが増え、
攻撃力守備力ライフチャージ速度
に振り当てることが出来ます。


著者オススメの振り方は、守備7~8割、攻撃2~3割の割合で増やしていく方法です。
守備を振れば振るほど、敵から受ける被ダメが減っていくので、俄然攻略が楽になります。
敵を無視して進む場合も多いので、攻撃力を増やして全撃破よりも、ダメージを受けながらでも進むほうが結果的に効率が良いです。


ライフ、チャージ速度は上げても大した費用効果が得られないので、ノータッチが無難です。
途中に落ちてるパワーアップアイテムでそれとな~く上がる分で十分ですね。


罠ダメージは最大ライフの何%という固定ダメなので、防御を上げてもHPを上げても防ぎようがありません。
KIAIで引っかからないようにするしかありません。

 
ローリングを覚えると行ける箇所が増えます。
操作方法は、方向キーを押しっぱなしから、↑、又は↓キーでローリングがでます。
空中でも可能です。攻略上、空中ローリングがとても重要なので、使いこなせるようになりましょう。


あれ?もしかして、あの場所が進めなくて困ってますか?
ふふ、分かりますよ。私も経験者ですから。


おそらく、ジャンプの頂点でローリングをしていませんか?
実は、頂点でジャンプするよりも、ジャンプの上昇中にローリングするほうが飛距離が伸びるんです。
最大ジャンプといえば頂点、という考えを持っている人がほとんどだと思うので、この仕様は完全に罠ですね。
最大ジャンプでなければ届かない箇所が多数あるので、がんばって慣れるしかありません。


その後にも言えることですが、このゲーム、要求されるテクニックが全体的に難しいです。
壁ジャンプはキレそうになるほどイライラしました。何度死んだことか。
その先の報酬がDEF+1じゃぁ尚更な……


どこか気になった方は、是非体験版プレイしてください。


Hシーンは、ドットでのHと、ゲームオーバー画面のHの2種類があります。
HPが切れるか、気絶した後、リカバリーせずに放っておくと、
敵が近づいてきて女の子を陵辱します。
何かボタンを押さない限り、永遠に陵辱され続けるので、ドットHが好きな人にはよいかもしれませんね。
また特定の敵にやられた場合、特定のCGを見ることが出来ます。


体験版だからなのかは知りませんが、
CGモードというものが存在しないので、後であのシーンを。
というのが出来ないのでご注意を。スクショでも使うしかないでしょうか。


ストーリー的には空っぽですが
中々気合の入ったアクションで、ゲームとしてはとても面白い仕上がりになっていると思います。
体験版だけでも結構遊べるので、アクションに自信のある方は
一度プレイしてみてください。
ダウンロード容量も軽いので、お手軽です。



体験版はこちら



ココから先は、製品版の攻略情報になります。
ネタバレになりますので、注意してご覧ください。ご覧になる場合は、少し下にある『続きを読む』をクリックしてください。




入手できる動作・ショット



・ローリング(動作)
最初のステージ(以降研究所ステージとします)
↓に降りた突き当たり←(針、動く床のある場所)を進んだ先



方向キーを押しっぱなしで↓又は↑キーを押すと出る。空中でも可能。



・壁ジャンプ(動作)
工場マップに入って↓→を進んでいき(↓←にセーブポイント)
火を噴く2段ロボットは倒さず、土台にして上った先。



壁ジャンプは、同方向には一回だけしかできないので、
左右に動いて壁ジャンプをする必要がある。
難易度は高くなるが、空中ローリングを織り込むと上る速度が速くなる。
(進むのに必須箇所あり)



・火炎放射(ショット)
工場マップに入って→。そこにいるボスの植物男を倒すと手に入る。
道を塞いでいる植物を焼き落とせる。



・ローリングストライク(動作)
屋敷ステージを進んだ先。
ローリングに攻撃判定がつく。
ローリングでぶつかれば、ブロック壁が壊せるようになる。


・フロストショット(ショット)
屋敷ステージにいるサキュバスを倒すと入手。
当たり判定が狭く使いどころが分からない。


・レーザー(ショット)
洞窟ステージ、最初のセーブポイント←にいくと、
↑と↓に道が分かれているが、↓にいくと、最奥で手に入る。
弱攻撃でも遠くに届くため、かなり使いやすい。





ボス攻略



・植物男



左右の半カプセルを壊すと、植物男のバリヤーが解け、攻撃が通じるようになる。

戦い方は、ボスが近づいてきたら、一回目の鞭攻撃を縦ジャンプで交わし、
すぐにジャンプローリングで反対側に回り、カプセルを攻撃というやり方。



壁ジャンプローリングが出来る人は、一回目の鞭攻撃を縦ジャンプで交わした後、
壁ジャンプローリングを使って反対側に行く。串投げが遠いところで行われるので、かなり安定する。



バリアーが解けた後は行動パターンが固定。
アーチ→串投げ→鞭2回→串投げ
をループする。



安置は植物男の頭の上。串投げのときだけ、壁に刺さった串にぶつかるので注意。
↓殴りをしてれば安全に殴れる。アーチの時反対側にワープするので
アーチにあたらないようにボスの頭の上を目指そう。それだけで勝てる。



植物男を倒すと火炎放射が手に入り、道を塞ぐツルを焼き落とせるようになる。







・サキュバス


攻撃方法
・追尾するハート弾を飛ばす(あたると誘惑状態)
・吸血(誘惑状態になると近づいてきて)
・地面に氷柱を生やす
・画面全体に爆発する光弾を放つ


ハート弾は画面いっぱい使って左右に逃げるよりも、
サキュバスから常に距離をとって、
飛んでくるハートを垂直に避けるほうが避け易い。
ハートはなるべく引き付けてから避けるようにしよう。
ハートは時間経過で速度が遅くなり、追尾機能を失うので
サキュバスとの距離は重要だ。


HPが減ると画面全体に光弾を放ってくる。
光弾が地面に当たると爆発する。
避けるだけなら難しくないので、攻撃をするよりも
避けることに集中したほうがいい。



爆発前の光弾はダメージが低いので、爆発させるくらいなら
食らってしまったほうが良い場合もある。



DEFは最低でも10程度欲しいところ。
ハートを全部避けきるのはかなり難しいので、5くらいだと相当苦戦を強いられる。
サキュバスの動きが速いので、火炎放射のほうが戦いやすい。


サキュバスを倒すと、通れなかったレーザーのようなものが消える。







・ラスボス


重力過多でジャンプ力が制限されているので注意。
装備は弱攻撃でも遠くまで届くレーザーが使いやすい。


まずはボスの手前に生えている触手を倒す。
触手は時間でキャラの真下から触手を突き出して攻撃をしてくる。
見ていれば動作は分かるので、前後に移動して避けよう。


ラスボスの攻撃動作は
・壁でバウンドする光弾
・壁に当たると主人公の方向に炎が燃え上がる弾


触手のいる状況では、光弾しか撃ってこないが、
触手を倒すと、2つ目に上げた特殊な弾を撃ってくる。
壁に着弾した時点での主人公の位置を目掛けて炎が発せられるので、
タイミングよくジャンプしていれば比較的避けやすい。


光弾は速度が遅いので、詰まされないように、反射位置を考えて動くようにしよう。


HPが少なくなると、ボスに攻撃が当たらなくなり、時間で頭上から柱が落ちてくる。
その柱を上ってボスの頭の上に上り、物理攻撃の↓殴りを連打すればいい。
ボスの攻撃を避けようとしなければ落ちることはないだろう。つまり避けるな。


守備力が20もあれば、被ダメもかなり少ないので、
触手を倒した後、ボスに密着して殴るだけでも勝てる。
避ける必要などなかったのである。




(4・14追記)
えー、セーブデータをいじりたい人が多少いるみたいなので、
セーブポイントと、ステータスをいじる場所だけ教えます。
白字で書くので、見たい人は反転させてみてください。


上から4つ目と5つ目の数字がセーブポイントに対応してます。
セーブしてから、save1.txtを確認。その数字がセーブポイントの対応数字です。
そこの数字を変えてコンテニューをすれば、対応する数字のセーブポイントからスタートします。


上から7個目~11個目がステータスに関係します。
7:ATK
8:DEF
9:CON(HP)
10:CHG(ショットの溜まるスピード)
11:レベル(弄ってもあまり関係ないです)
12:statpoint(各ステータスに振り分けられるポイントです)



これらを変更すれば楽にクリアできるようになりますが、
ゲームバランスを壊すチート技になりますので、ご注意ください。
また、誤った数字を入力してしまったり、数字を消してしまうことによって起こるセーブデータの破損に関しましては、一切責任を持てませんので、自身の責任で改変を行うようお願いします。


技などのフラグ開放については、細かく調べていないのでちょっと分かりませんし、
フラグ開放によるバグチェックも含めるとなると、膨大な作業量になってしまうので
その方法に関しては特に追加で書く事はないと思います。




FC2 Management

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック