アクブロ 第三回『同人RPG攻略法のススメ』 : アクナキ~同人声優・フリー声優リンク館~

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクブロ 第三回『同人RPG攻略法のススメ』

kage

2013/05/17 (Fri)

みなさま、お久しぶりです。みゃたろーです。
最近はようやく暖かくなったと思ったら、
あっという間に暑くなってしまって、
春爛漫を体感する間もなく初夏って感じですね。

さて、アクナキでは様々なゲーム攻略をしていますが、
当然RPG形式のゲームもプレイすることがあります。

RPGなんてコンシューマでしかプレイしたことはありませんでした。
ドラクエ、FF、テイルズ、スターオーシャンetc...
それゆえなのでしょうが、初めて同人RPGを触った感触としては、
『バランスの悪いやっつけRPG』
でした。

敵が極度に強かったり、弱かったり、
移動距離が長すぎたり、マップが少なすぎたり、
次にどこに進めばいいのか全くわからなかったり、
状態異常がキツすぎたり……


同人RPGをプレイしてみて、同じことを思った人も多いんじゃないでしょうか?
そのせいでやってみたいとは思いつつも、手が出ない人もいるんじゃないでしょうか。
コンシューマをよくプレイするのなら尚更ですね。

さらに今まで培ってきたプレイ方法が通用しないことも多く、
新たにプレイ方法を模索していくというのは簡単なことではありません。
特に『バランス』という面で、そういう難しさを感じている人も多いと思います。


と、いうことで、今回の飽くなきブロマガのお題はこちらです!!
『同人RPG攻略法のススメ』


いくつもの同人RPGをプレイする中で、
僕が気をつけていることを、いくつかのポイントにまとめて解説していこうと思います。
これを読んで実行すれば、詰まって進めなかったあのRPGも
これから買う同人RPGも『自力』でのクリアを目指すことが出来るようになること間違いなしです!


◆ブロマガの続きはこちら◆




ロードオブワルキューレ Lord of Walkure~X指定~ アダルトオンラインゲーム


【同人RPG攻略POINT】
①その世界のMP回復薬は安い?
②武器か防具かそれが問題だ
③ソロPTなら状態異常防止が捗る
④エッチイベント回収はとにかく話してメモれ、とりあえず一敗
⑤ボス攻略は1に特攻、2に対策



RPGの攻略法はこの5つのポイントに集約されています。
もうすでに分かっているものは読み飛ばしてもいいし、
自分が気になるところだけ、抜粋して読むのも良いと思います。
このポイントのいくつかは、コンシューマにも応用できるものがありますが、
実際に活躍する場面はあまりなく、ほぼ同人RPG用の攻略法と言えます。


------------------------------------------------------------


【POINT①その世界のMP回復薬は安い?】

スキルはゲームにおける攻略の要です。
通常攻撃だけでクリアできるほど、ヌルいゲームは殆どありません。
ゲームをいかに楽にクリアできるかは、スキルを使いこなせるかにかかっているといっても
過言ではないでしょう。


回復魔法を覚えたら、街の道具屋に行って確認してみてください。
安いですか?序盤の街から用意されていますか?
この二つが当てはまるようなゲームであれば、
それは『スキル無双ゲーム』です。

値段の安さの確認の仕方はこうです。
『MP回復薬の値段』=『HP回復薬の変える個数』
例:MP回復薬が1個100Gだった場合、1個20GのHP回復薬は5個買えます。

次に、
『MP回復薬1個で使える回復魔法の総回復量』と『先ほど買ったHP回復薬の総回復量』を比べます。
このとき、回復魔法の総回復量がHP回復薬の総回復量を上回っていれば、
『このゲームにおけるMP回復薬は安い』
ということになります。

例から表しますと、
MP回復薬1個で、回復魔法5回使うことができて、回復量が250(1回あたり50回復)
HP回復薬5個で、回復量が150(1個あたり30回復)

その差分は100ポイントとなり、MP回復のほうが効率的に回復できるということです。
状態異常回復も同じ法則に当てはまるので、同じように計算してどちらが効率的か確かめておきましょう。

逆にMP回復薬のほうが高い場合や、全部高い場合、また売っていない場合。
MP回復薬は大量に手に入らない限り『ボス戦にのみ使用する』と割り切り、
購入するのは『HP回復薬と状態異常回復薬』に止めましょう。
最悪、一切買うのは避けるのが良いと思います。
回復薬は買わずとも道中で入手出来る場合が殆どですので。

《MP回復薬の値段で今後のプレイングが変わってくる》




【POINT②武器か防具かそれが問題だ】

武器と防具、どっちを先に買うのか。
新しい街に来て装備が一新されていた場合、ここは迷いどころです。
予算は限られた分しかないので、総替えできないのならどちらか一つを選ぶしかありません。

単純な話でいえば、武器を強くしたほうが良いことが多いです。
敵の攻撃を1ダメージしか喰らわなかったとして、
こちらが1ダメージしか与えられなかったら何の意味もありません。
また、HPを回復する術はあっても、攻撃力を高める術は多くありません。
ゲーム効率の面でいっても、攻撃主体の装備編成のほうが上手くいきます。

とはいえ、ことはそう単純でもありません。
迷ったらここをみて考えてみましょう。

『ステータス上昇量と上昇量に対する対費用効果』

武器を新調しても、ステータスが1~2程度しか変わらないのであれば
ダメージ上昇においても大した期待ができません。
結果的に値段に対する対費用効果が全く釣り合っていませんから、この場合武器を新調する必要性が薄くなってしまいます。

例を挙げると、
50Gでステータスが1上がる武器を装備していた場合。
200Gでステータスが2上がる武器が売っていたとして
200Gの武器を買う意味はあるのか。という話です。

こうやって対費用効果を考えれば、自ずと買うものが見えてきます。
お金を効率的に扱うことによって、自然とお金が溜まっていき、
本当に必要なところでお金を使うことができます。


逆に必要なものが出てきたときは、装備している装備や、
あまり使わないアイテムを売ってでも買い揃えるのがいいでしょう。

『装備を買うためだけの戦闘』を極力避けるのが上級プレイヤーのたしなみでもあり
途中でゲームを投げ出さないコツでもあります。
《今より強ければ良いというものでもない》



ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム



【POINT③ソロPTなら状態異常防止が捗る】

同人RPGはコンシューマには珍しいソロPTが多く採用されている場合があります。
エッチシーン導入への邪魔が入らないというのが一番の理由です。

ですが、この理由付けのために普段なら気にもならないものが
猛威を振るってくるようになるのです。

それが『状態異常』

複数PTでの状態異常はほとんど気になりません。
誰かが状態異常で動けなかったとしても、他が動けるのでそれを補助することができます。
ですが、ソロPTの場合は動けなくなった時点で完全に致命傷です。

『麻痺、眠り』が最もキツイ状態異常になります。
動けない状態でタコ殴りにされるのですから、全滅は必死です。
運よく倒せたとして、被害は相当なものでしょう。
対策をしていかない限りは、逃げ続ける以外ありません。

また、物語序盤であれば『毒』
終盤であれば『スキル無効』が次点に嫌な状態異常です。

毒はゲームによってダメージの受け方が違うのでなんとも言えませんが、
固定ダメージであればHPの低い序盤では脅威です。
毒無効装備がない場合、HP回復薬よりも、毒消しを買ったほうが有効な場合すらあります。

スキル無効は、スキルを使ってダメージを稼ぐ終盤に響いてきます。
雑魚でも侮れない攻撃力を持っているので、長期戦を避けたいのが終盤。
しかしスキル無効を受けることによって、長期戦に持ち込まれるのは頂けません。
回復魔法も封じられてしまうのが何よりも辛くなります。

もし、これらの状態異常をボスが使ってくるとしたら。
それは対策なしで勝つことが難しくなります。
状態異常を防ぐアクセサリーはダンジョン内に落ちていることも多いので
見つけたら必ず拾い、余っていないかぎり『絶対に売らないこと』

なんの対策もなしにボスにたどり着いてしまった場合、
何回か戦って倒せないなら引き返したほうが無難です。
おそらく町に、状態異常を防ぐアイテムが売っているはずですから。

とはいえ、しょっちゅう装備をしているわけにもいきませんから、
キツイ状態異常を使う敵が出現したら装備する。程度で構わないと思います。
雑魚敵ならそれこそ全逃げでも良いと考えています。それもまた対策です。

《状態異常は死に直結することもある》



【POINT④エッチイベント回収はとにかく話してメモれ、あと負けろ】

同人RPGですから、エッチイベントの攻略が肝になるわけですが、
時限イベントや、フラグが分からないイベント等は多々あるわけです。
それをいかに効率的に見つけて回収していくか。
それはこの3つを行うことによって可能になります。

『全員に話かける』
『フラグっぽいと思ったらメモる』
『とりあえず負ける』


なかなか面倒くさいですが、これはどうしても必要なことです。
町の人全員といっても、何百人もいるわけではないですし、
その殆どは意味のない会話なので、無視することができます。

その中で、たまにそれっぽいことを言う人が現れます。
『○○がほしいなぁ』とか『夜になると町外れに変質者が…』などですね。
もしかしたら全く関係ない可能性もありますが、
『ここはアリアハンです』よりはよっぽどイベントに近づくヒントになります。

そしてすかさずメモ。
PCのメモ帳でも、携帯でもいいので、自分に分かるようにメモしておきましょう。
この際、町の名前なども追記しておくと分かりやすくて良いと思います。

もちろん、頭の中に全て覚えておけるなら必要ありません。
覚えておけないからメモをするんです。
あ、この会話どっかで聞いたな!どこだったっけかなぁ!?!?
と後悔しながら町を駆けずり回るのは僕だけで良いと思います。

また、中でも回収が難しいのは時限イベントです。
なにか話が進むたびに、全員に話かけたり関係のない町に戻ったりすれば
回収出来るかもしれませんが『はっきりいって時間の無駄です』

その場合は、一度ゲームをクリアしてしまいましょう。
そして『回想部屋』を確認してください。


よっぽど意地悪なゲームでないかぎり、
町ごと、カテゴリーごとのイベントで回想がまとめられているはずです。
それを見れば、どこのイベントを取り逃しているのか大まかに想像が付きます。
それを元に、探していけば効率よくイベントを回収することができます。

敵との戦闘で負けるとイベントが起こる。
というのも良くある話です。
序盤に何度か負けてみて、特になにもないようならボス戦やイベント戦だけ敗北するようにして
クリア時に回想部屋を確認すれば、足りないものもわかるでしょう。
自殺技が用意されているゲームの殆どは敗北イベントが用意されていると考えてください。
何はともあれ、一度負けてみるのが重要です。

《イベント発見はコツコツとヒラメキ》



【POINT⑤ボス攻略は1に特攻、2に対策】

ダンジョンの区切りには必ず出現するのが強敵、ボスです。
ボスをどうしても突破できなくてゲームを止める人も少なくないでしょう。
ですが、しっかりと対策をすればレベル上げをしなくても勝てる場合が殆どです。
『レベル上げは最終手段』と思ってください。

ボス戦の前には必ずセーブしてください。
何度も戦うことになるかもしれないので、セーブは必須です。

最初は気楽に突っ込んで構わないのでとりあえず戦ってみます。
この際、アイテムはなるべく使わないようにするのがポイント。
初戦は敵の強さや動きをみるためのものですので、
必要以上に使うのは避けるのが無難です。

戦いながら見るところは
・弱点を探す
・パターンを探る
・特殊攻撃を調べる

の3つです。

弱点というのはは属性弱点のことです。
見た目で分かるボスもいますので、見つけるのは簡単だと思います。
弱点が無ければ、ダメージの高い攻撃で戦います。

パターンというのは、攻撃パターンのことです。
3ターンに1度全体攻撃をしてくる。1ターン溜めた後、強攻撃をしてくる。
などの一貫したパターンがある場合は、頭に叩き込んでおきましょう。

麻痺攻撃や属性攻撃などがあってそれが強力な場合何らかの対策が必要です。

明らかにレベルが足りない(ダメージ量が大きすぎたり、攻撃が効かなすぎたり)以外は
十分に倒せる圏内です。
2回目は対策をした万全の状態で挑みましょう。

これでも勝てない場合にチェックするのは
・足りないのは薬か装備か
・こなしていないイベントがあるか


ターン数戦えることが前提ですが、回復アイテムが若干足りないのなら買い足し。
町にステータスが大幅に上がるものがあれば、手持ちを売ってでも買う。
足りなければ貯める。

いくら戦っても終が見えない場合、何かイベントを取り逃している可能性があります。
町に戻って何かないか探したほうが良いかもしれません。

これでも勝てない場合。
単純にレベルが足りていないので、おとなしくレベルを上げましょう。

新しいスキルを覚えて、それが強いスキルならそれだけで勝てる可能性もあるので、
その時点で挑んでみるのも手です。


--------------------------------------------


以上のポイントを押さえれば、殆どの同人RPGに対応することができます。
なにせ、実際に攻略をやっている僕が実践していることですから。


それでも【本気で分からないイベント】というのは存在します。
そういう場合は、どこか攻略しているサイトを見るとか、
サークルのブログに書き込めば、答えてくれるサークルも多いので、
そうやって自己解決するのがいいでしょう。

僕の場合はみんなに助けてもらってます。
コメントで書き込んでくれる方には本当に感謝しております。
これからもよろしくお願いします。



【みゃたろーのぼやき】
GW、実家から帰る途中の駅でトイレによったんだけど、
個室に6万くらい入った財布を忘れてしまったんだ。
それに気がついたのは別の乗り換えの駅に着いた時で、
既に40分後くらい経っていたわけ。
青ざめるよね。ガクブルしながら急いで駅員事務室に駆け込んで確認してもらった。
正直、気が気じゃなくて、どこに忘れたのかうまく説明できてた分からないくらいテンパってた。
駅員さんは丁寧に話を聞いてくれて、その駅へ電話をかけてくれた。
俺は祈るように両手を合わせて、その返事を待つ。吐きそうだ。
結末は次回。


Fairy Fantasia アダルトオンラインゲーム




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。